当院の痛みの少ない治療3つの特長

痛みを感じさせないこだわり抜いた3つの工夫

当院では、痛みを感じさせないように3つの工夫をしています。

表面麻酔の徹底

ジェル

表面麻酔を塗布することで、麻酔の針のチクッとする痛みを感じさせないように徹底しています。この注射の針によって恐怖を感じる方が多いので、表面麻酔を効かせることでいつ注射をされたのか分からない状態にします。

この表面麻酔は、いい香りのするジェル状のお薬を塗布するだけなので、痛みはありません。

麻酔液カートリッジを人肌の温度まで温める

カートリッジウォーマー

麻酔液カートリッジが冷えていると、痛みに感じやすくなる傾向があります。麻酔液の温度をコントロールする機会を使用し、温度管理を徹底しています。

電動麻酔機による麻酔の注入圧のコントロール

麻酔薬が注入されるときに、圧力がかかることで痛みに感じる方が多くいらっしゃいます。そのため、電動麻酔機を使用して圧力が一定になり、痛みの出にくい速度で注入していきます。

電動麻酔器

緊張が解け、リラックス出来る診療室

リラックス

歯医者さんで治療をする、と考えると緊張が一気に高まる方もいらっしゃいます。

ですが、ご安心ください。当院では、リラックス出来る空間を意識しており、スタッフや歯科医師と楽しくお話しながら治療を進めてまいります。

静脈内鎮静法(セデーション)完備

点滴

どうしても、歯科治療が怖い。という方には静脈内鎮静法(セデーション)をご用意しております。

静脈内鎮静法をすると、フワフワと寝ているような状態で痛みや不安を感じることなく治療を行うことができます。痛みに弱い方、歯科診療が強いストレスに感じる方にはオススメの治療方法です。

経験豊富な麻酔専門医の立ち会いのもと静脈内鎮静法(セデーション)を行います。ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

痛みの少ない治療とは?

女の子

痛みの少ない治療とは、いかに事前に痛みの出る可能性のある状況を回避することが出来るか?ということです。

痛みが出る可能性のある治療には、事前に麻酔の注射を行うことで感覚を麻痺させ、痛みを感じないようにしてから治療を行います。

麻酔を行う際にも、麻酔の注射が怖く感じるなど精神的な負担に感じる方も少なくありません。

当院では、麻酔を行う際も十分に痛みが出ないような工夫を施してから麻酔をしています。

痛みの少ない治療の流れ

表面麻酔の塗布

表面麻酔を塗布することで、皮膚表面の感覚が鈍くなります。触られている感覚がほとんどないない程感覚を麻痺させます。

麻酔液の保温

麻酔液を常に人肌と同じ程度に保つことで、注入する際の痛みを感じにくくさせる効果があります。常に麻酔液のカートリッジを保温させています。

電動麻酔機の使用

電動麻酔機を使用して麻酔の注射を開始します。表面麻酔で皮膚表面の感覚が鈍くなったところに注射針を刺し、人肌に温められた麻酔液を電動麻酔機で圧力をコントロールしながら注入していきます。

こうすることで、痛みのない治療を行うことが出来ます。

痛みの少ない治療のQ &A

麻酔をしたら絶対に痛くありませんか?

個人差はありますが、できるだけ軽減するよう努めております

痛みが出ないよう、細心の注意を払っていますが、麻酔の効き方や痛みの感覚には個人差があることも確かです。痛みがある中で、治療を続けることはありませんので、痛みを感じる場合にはすぐにお伝えください。

静脈内鎮静法(セデーション)に興味があります。日帰りですか?

日帰りで治療を受けていただくことが可能です。

経験豊富な麻酔専門医の立ち会いのもと、静脈内鎮静法という麻酔下での治療にも対応しております。

外科手術やインプラントオペの際、怖いという方に寝ているような感覚の間に治療が終わってしまう麻酔法で、点滴による麻酔液と生体情報モニタ(監視装置)を使用し、万全の体制を取っています。ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せ

〒262-0032 千葉市花見川区幕張町6-115-1 GUILD幕張1F

JR総武線・総武本線「幕張駅」北口駅前徒歩1分
京成千葉線「京成幕張駅」徒歩3分

駐車場4台完備(医院前)
京葉道路「幕張インターチェンジ」「武石インターチェンジ」より約10分
東関東自動車道「湾岸千葉インターチェンジ」より約10分

診療時間

043-307-8849

業者様専用電話:050-1807-2673

平日 09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)