当院のインプラント 8つの安心ポイント

オペ室の完備、衛生管理・滅菌消毒システムの徹底

オペの様子

インプラントの手術中に使用する器具や機器の滅菌はもちろん、手術を行う診療室の衛生管理を徹底的に行っております。医療機関として、感染を防ぐために当然のことですが、細かな決まりを設定して手術を行います。

感染を防ぐために、手術時には他の患者様には手術専用の診療室への出入りを禁止し、オペ中は専任アシスタントのみが担当することで、清潔域と不潔域を明確に分けて、執刀医が常に清潔な状態で集中をして手術が行えるように、衛生管理を徹底的に行っています。

手術の安全性・正確性を高める無影灯の使用

無影灯

お口の中は狭くて暗いですので、インプラントの治療のように高度な処置が必要な際は、いつも以上に明るく口の中を照らす「無影灯」が必要です。

通常の歯科用ライトでは光が届きにくい場所まで明るく照らせるだけでなく、手術中の動作で生じる影も出ないため、手術の安全性・正確性を高めることができます。

信頼性の高いメーカーのインプラントを採用

国内には多くのインプラントシステムが存在しますが、医院ごとに採用しているシステムが異なるため、医院選びに際しましては埋入するインプラントの「安全性」・「耐久性」も重要となってきます。

当院では、インプラントメーカーの中でも世界的に信頼性や評価が高くシェア数の多いインプラントを採用し、患者さまに合ったインプラントを選択しています。

ストローマン社製インプラント

世界でNo.1のシェアを誇る、最も信頼性の高いインプラントメーカーです。精密機械産業で世界的に有名なスイスのバーゼルに本社があり、世界で500万人以上の患者様がストローマンインプラントによる治療を受けています。世界シェアの面でも常にノーベルバイオケア社と1、2位を争い続けています。

ノーベルバイオケア社製インプラント

高品質インプラントをつくる最高位の老舗メーカーで、ノーベルバイオケアの高品質なインプラントを使用し、Branemark Systemは世界でもっとも臨床年数実績があるインプラントシステムです。日本だけではなく、世界中での普及率が非常に高いと言えます。

費用の明確化、安心・審美性の2ピース

価格表

インプラント治療=費用が高いというイメージをお持ち方多いですが、当院では費用を明確化しています。また、長い目で見るとインプラント治療は、長期的に見れば費用対効果が良いと説明させていただいております。

安心で審美性の2ピースインプラントを採用

インプラントの仕組みには大きく、2種類の構造に分けられ、1ピースと2ピースがあります。当院では、インプラント体(ねじ山部分)とアバットメント部分(被せ物の土台)が分かれている2ピースを使用します。その理由としては・・・

  • 治療予後の審美性が高くなる
  • 感染のリスクが低くなる
  • 治療可能なケースの幅が広くなる
  • メンテナンスがしやすい

当院では、1ピースタイプと変わらない費用で2ピースインプラント治療のご提供を行っています。また、患者さんに安心してインプラントの治療を受けていただき、日々の生活を豊かに過ごしていただくための、保証システムがあります。治療説明を十分に行い、治療にかかる時間や期間、費用とその保証内容を知っていただきます。インプラントの保証についての詳しい内容は、当院にてご説明いたします。

CT撮影による精密な診断、インプラントシミュレーションソフトの導入

ガイド

ノーベル社の世界最高クラスの診断ソフトであるクリニシャンを導入しております。

このクリニシャンを利用し、撮影したCTのデータと照らし合わせることにより、インプラントの治療計画、シミュレーションから埋入にいたるまで、インプラント治療をより安全に、かつ正確にサポートします。

フラップレス手術の採用

フラップレス手術とは、歯肉を大きく切開しない手術方法のことです。

通常のインプラントの手術は、歯肉を数センチ切って開き、顎の骨が見える状態で行います。しかし、傷口が治るまでに時間がかかり、傷口の痛みや出血、治癒までに時間がかるなど、負担がかかるデメリットがあります。

フラップレス手術を採用することで、直径3mm程度の穴を開けることでインプラントを埋入する、切り開かないインプラント治療が可能です。最新鋭の歯科用CTと、コンピュータによるシミュレーションを応用した最新のインプラント技術を採用しています。

フラップレス術式が対応できるかは、お口の中や顎の骨の状態、インプラントの本数などで個人差がございます。詳細は歯科医師にご相談ください。

フラップレス手術4つのメリット

  • 患者さんの負担の軽減(出血や痛みの軽減)
  • 治療期間の短縮
  • 安全性と正確性の向上
  • 審美性と実用性の高い手術

ほぼ眠った状態で治療が可能

点滴

インプラントの手術に不安のある方には、静脈内鎮静法という麻酔を使用して、ほぼ眠っている状態で手術を受けられます。麻酔科専門医と連携を行いますので、安心してインプラントの手術を受けていただくことが可能です。

通常インプラントの手術は、局所麻酔下で行うので手術中の音や会話が聞こえてしまい、緊張や不安を感じてしまう方も少なくありません。

静脈内鎮静法は、ほぼ眠った状態でリラックスしながら治療を受けられます。

ご希望の方のみ対応しておりますので、手術に対する不安があれば遠慮なくお問い合わせください。

生体情報モニターやAEDを用いた緊急時対応

バイタル

併せて、手術中の患者さまの健康状態を把握できる、生体情報モニターを完備しておりますので安心して施術をお受けてただくことが可能です。

患者様の急な体調不良にも、速やかに対応が行えるようにAEDを導入しております。

実績・臨床経験共に豊富な歯科医師が担当

冨田先生

当法人の理事である歯科医師冨田は、インプラント埋入本数年間1,000本以上と豊富な臨床経験を持ち、多種多様な難症例での実績があります。様々な専門機関より専門医・指導医など各種認定を付与されており、こうした実績と評判から、遠方の患者さんに来院いただいております。

インプラント治療の成功率は、上顎98.7%で下顎99.3%と高いパーセンテージを維持しております。失敗率1.5%は脱離によるもので、インプラントを希望する多くの方から、「以前のように食事ができるようになった」「見た目もキレイで大きなお口で笑えるようになりました」など、感謝のお声をいただけることが、当院スタッフの大きな喜びです。

インプラント治療以外の選択肢もご案内

インプラント治療は、患者さまによっては良い治療の選択肢の一つですが、全ての方に一番良い治療とは限りません。外科処置が負担に感じる方もいれば、費用面の負担が大きい方もいます。インプラントが色々な意味で負担が大きいと感じれば、インプラント治療の時期ではないかもしれません。

心から納得した上でインプラント治療をしたいと思える時が、治療を行うときだと考えております。

インプラント治療のメリット・デメリットの説明をしっかり受け、結論を急ぐことなく、ゆっくり考えることが大切です。歯を失ってしまった時の治療方法は、ブリッジ、入れ歯、インプラントの選択肢があります。不安な方には、しっかりと説明させていただきますので、お気軽にご相談ください。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯を失ったところを補うために人工歯根(インプラント)を顎の骨の中に埋め入れることで、本来の歯のように噛めるように機能を回復する治療のことを指します。

ご自身の歯のような噛み心地

食事

インプラントは、顎の骨に直接埋まっているので食べ物を噛んだ時に、ご自身の歯と同じように思い切り食事を楽しむ事ができます。

審美性が高く、大きなお口を開けて笑える

インプラント

インプラントの被せ物の歯は審美性にこだわる事ができるので、大きなお口で笑っても、周囲から気付かれることがありません。

お食事や、会話がスムーズになる

会話

インプラントはご自身の歯と同じように使っていただけます。お食事や会話で何も気にせずに日常生活を送ることができます。

インプラント治療の流れ

インプラント相談

カウンセリング

インプラント治療をご希望されている内容等詳しくお伺いし、ご相談を進めてまいります。

精密検査

CT

精密検査では、口腔内検査やレントゲン撮影、CT撮影を行います。

インプラント治療が安全に行うことが可能かどうか、判断を行います。

診断結果のご報告、治療計画

CT画像

精密検査の結果を照らし合わせながら、ご説明をさせていただきます。

CTの画像データや口腔内を撮影したデータでインプラント治療のシミュレーションを行いながらご説明、治療計画をご相談しながら進めます。

インプラント前クリーニング

歯石除去

インプラントの治療では、細菌感染を起こすことを一番に避けるため、お口の中のクリーニングを行います。

その他にも歯周病や虫歯の治療がある場合には、治療を済ませて万全の状態に整えてからインプラントの治療を進めます。

インプラント治療(一次ope)

インプラント体

一時オペでは、インプラントを顎の骨の中に埋入する手術を行います。

侵襲の少ない手術方法でインプラント治療を行なっています。

インプラント一次ope経過観察

一時オペが終わり、顎の骨にインプラントが定着するまで期間を待ちます。

上顎の場合には6ヶ月ほど、下顎の場合には3ヶ月ほど定着するまで経過を観察します。

※インプラントの術式によっては、即日噛めるようになる治療方法もございます。

→オールオン4

インプラント二次ope

上部構造

インプラントが顎の骨に定着していることを確認し、インプラントの被せ物を入れられるように、歯肉の形を形成する処置も行い、インプラントの被せ物を入れるための型取りの前処置を行います。

インプラント上部構造(被せ物)型取り

インプラントの被せ物の型取りを行います。

インプラント上部構造(被せ物)セット

クラウン

インプラントに完成した被せ物をセットします。本物の歯と遜色ない美しい仕上がりに仕上げます。

定期検診

検診

定期検診は必ず受けるようにいたしましょう。

インプラントを長く良い状態で使うためには、定期的なケアとクリーニングが必要不可欠です。

インプラントQ&A

インプラントは、一度の治療でずっと噛めるようになりますか?

定期的なケアをお受けいただくことで寿命は変わります

インプラントは、しっかりと顎の骨に定着をすればご自身の歯と遜色なく噛めるようになります。ですが、インプラントを埋入した後に何のケアもせずにいると、インプラントを長持ちさせることは難しいと言えます。必ず定期的に検診を受けて専門的なクリーニングやケアを行いましょう。

インプラントの手術は痛いですか?

痛みを軽減するさまざまな工夫を行っております

インプラントの手術は、痛みを感じないように麻酔をいたします。ですが、痛みに弱い、痛みを感じることが恐怖につながるなど、精神的な負担が大きく感じる場合には、静脈内鎮静法(セデーション)も扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

インプラントは硬いものも噛めますか?

噛めます

インプラントでは、今まで硬いものを噛むのに躊躇していた方でも、たくあん、お煎餅、生野菜などを噛むことが可能です。ですが、インプラントと噛み合わせる歯を痛めてしまう可能性もありますので、無理のない範囲でお食事を楽しむようにしてください。

ご予約・お問合せ

〒262-0032 千葉市花見川区幕張町6-115-1 GUILD幕張1F

JR総武線・総武本線「幕張駅」北口駅前徒歩1分
京成千葉線「京成幕張駅」徒歩3分

駐車場4台完備(医院前)
京葉道路「幕張インターチェンジ」「武石インターチェンジ」より約10分
東関東自動車道「湾岸千葉インターチェンジ」より約10分

診療時間

043-307-8849

業者様専用電話:050-1807-2673

平日 09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)